高脂肪・低炭水化物食の「ケトンダイエット」は1週間以上行うと逆効果であることがマウス研究で示される

ケトンダイエット(ケトン食)は食事の栄養素の構成を「脂肪分90%・タンパク質6%」といったようにし、可能な限り炭水化物をとらずエネルギーを脂肪から摂取するという食事法です。もともとはてんかんを治療する目的で1920年代に提唱されたケトン食ですが、近年は減量目的で多くの人が行っています。ケトンダイエットの影響については賛否両論でしたが、新たにイエール大学の研究者がマウスを対象に行った実験から、ケトンダイエットにはプラスとマイナス両方の効果があることが示されました。

続きを読む…

———

Source: GIGAZINE

高脂肪・低炭水化物食の「ケトンダイエット」は1週間以上行うと逆効果であることがマウス研究で示される

話題の情報

インターネットクラスター
タイトルとURLをコピーしました